談話室のカレンダーに触発されて行ってみました第二弾!
弁財天のお宮と浮島、そしておいよ伝説の地、
西吉谷の「郡殿の池」に行ってきました。

呼べばこだまの返ってくる不思議な池の畔でございます。
龍神が棲むともいわれておりまして、神秘的な雰囲気の池です。

午後2時頃に行ってみたところ、
弁財天のお宮側からは紅葉があまりきれいに見えなかったので
ちょっと無理矢理ですが池を一周してみることにしました。

鬱蒼とした森の道

鬱蒼とした森の道

鬱蒼とした森の中、苔むした道をゆきますと「おいよの碑」。
ちょっと写真は撮れず・・・上の写真の道の先にあります。
おいよのお墓の脇を抜けて郡殿の池を回り込んでみますと。

 

郡殿の池に映る紅葉

郡殿の池に映る紅葉

 

鏡池ほどではないですが水草も結構生えていました。
それでも、かなりきれいに紅葉が水面に映り込んでいましたよ!
浮島もほとんどお宮の方に吹き寄せられていましたし。
浮島の位置によってはかなり表情の変わる池かもしれませんね。

紅葉のピーク、ではまだないのかなぁ・・・いかがでしょう?
柏崎の松雲山荘の紅葉は、今見頃だそうです(今朝の新潟日報より)
今年は本当に紅葉が早いですね!

R352、福島県境&枝折峠の冬季閉鎖が11月9日の9時から始まるそうです。
秋も深まって、冬間近。紅葉狩りにおいでの方は、お早めにどうぞ♪

 

◎ウィキペディアに「郡殿の池」の記載がありました。
wikipedia「郡殿の池」

ユースホステルから郡殿の池までは14kmほどです。

郡殿の池

 

—–

 

神幸祭については多分書かないと思うので写真を一枚だけ。

2015年の神幸祭

2015年の神幸祭

今年もすごかったです。数万本の蝋燭から立ち上る煙が赤く染まるあの感じ!
私の写真の腕では伝えきれません・・・是非来年、現地に行ってみてください。
本当に圧倒されます。赤く巨大な本殿もとにかくすごいです。