春は山野草、夏は蛍と花火、秋は紅葉に新米、冬は豪雪・・・日本の四季を体感できる、古民家を利用した和風建築の宿《ユースホステル》です。

見どころ

  • HOME »
  • 見どころ

牛の角突き(闘牛) -Bullfight-

牛の角突き

牛の角突き

1t近い巨体がぶつかり合い、迫力満点!
江戸時代からの古い歴史があり、
滝沢馬琴の「南総里見八犬伝」にも登場します。
越後の角突きの大きな特徴は、神事として、
“勝負をつけない”ことがあげられます。
角突きの勝敗を決めるのは、観客のあなた自身?!
また、興奮している牛を止めにかかる、
人(勢子)と牛との闘いもみどころです。

イベント☆牛の角突き【開催日程】

・小千谷闘牛場(当YHから車で5分または徒歩25分)
・山古志闘牛場(当YHから車で約15分)

花火 -Fireworks-

長岡花火 ワイドスターマイン

長岡花火 ワイドスターマイン

小千谷は知る人ぞ知る世界一の花火の町です。
片貝で毎年9/9~10に行われるお祭りでは、
2日間続けて世界最大級の四尺玉が上がります。

日本三大花火の一つ、山下清の版画絵で有名な
長岡花火(8/2~3)、海岸で約15,000発の
花火が打ち上がる柏崎ぎおん花火大会(7/26)、
おぢやまつり花火(8月下旬)などなど、
夏~秋には花火大会が周辺各地で目白押しです。
目の前で上がる大玉の乱舞は都会ではまず見られません!

イベント☆新潟花火【開催日程】

錦鯉 -Nishikigoi-

P1000021小千谷は泳ぐ宝石と称えられる『錦鯉』の発祥の地。
特にYHのある東山地区では盛んに飼われています。

棚田の中に点在する養鯉池では錦鯉が悠々と泳ぎ、
東山の棚田風景を独特のものにしています。
春、夏、秋、冬と全く違う顔をみせてくれます。

春には若鯉の、秋には盛大に品評会が行われます。
小千谷市内には、原産地としての資料をあつめた
「錦鯉の里」があります。(サンプラザ前)
15種類200尾の錦鯉が鑑賞できます。

金倉山 -Mt.Kanagura-

オオバキスミレと養鯉池

オオバキスミレと養鯉池

小千谷市最高峰の金倉山は、標高581m。
YHのすぐ近くにあります。
山頂からは、西の眼下に雄大な信濃川、
天気のいい日には佐渡・日本海まで見えます。
東には越後三山をはじめとした重畳たる山並み、
足下には、棚田・養鯉池が広がっています。

頂上までは車で10分(山頂駐車場)+徒歩5分、
または、徒歩1時間半(往復では3時間ほど)
日本の歩きたくなる道500選にも選ばれ・・・ました。

へぎそば -Hegi soba noodles-

hegi日本全国にそばどころはたくさんありますが、
小千谷のそばはひと味違います。
つなぎにふのり(海藻)を使っているため、
麺は緑色がかっていて、ほんのり海のかおり、
シャキシャキした歯ごたえが絶品です。
4~5人前を一度に盛りつける専用容器を
「へぎ」ということから、へぎそばと言われています。

山本山高原 -Yamamotoyama highlands-

沢山ポケットパーク前 山本山高原・お花畑

沢山ポケットパーク前
山本山高原・お花畑

小千谷市街の南にある標高336mの山です。
山頂付近は高原の趣で、眼下に蛇行する信濃川、
遠くには雪をかぶった山々が見えます。

GWの頃には菜の花が咲き、一面の黄色の絨毯と
バックの残雪の山のコントラストがきれいです。
夏にはひまわりが植えられることもあります。

沢山ポケットパークは特におすすめ!
お弁当もってランチタイムにいかがでしょうか!
当YHから車で20分。

朝日山古戦場 -Asahiyama old battlefield-

朝日山古戦場の碑

朝日山古戦場の碑

小高い山の上にある戊辰戦争の古戦場です。
展望台の下に簡単な資料館(?)があり、
塹壕跡や野営場跡、兵士の墓等があります。
展望台からは信濃川の蛇行する様が間近に
見られます。車道は震災による工事で通行止め。
朝日集落から徒歩で行くことができます。

小千谷縮・織物体験 -Ojiya chijimi & Experience textile-

機織り体験中!

機織り体験中!

古くから織物の産地である小千谷。
独特の風合いを持つ縮(ちぢみ)と紬が
現在も織られています。
2009年にユネスコ無形文化遺産に登録。

市内の観光物産館「サンプラザ」内にある
「織物工房」では、織物についての展示の他、
昔ながらの織機を使った手織り体験
(約20分・600円(小学生以下半額))も出来ます。
当YHからバスで15分。

荻の島茅葺きの里(柏崎市/高柳) -Oginoshima Kayabukinosato-

水田越しに茅葺き環状集落を望む

水田越しに茅葺き環状集落を望む

農村体験を売りものにした
「じょんのびの里」で知られる高柳町にあります。
(「じょんのび」はのんびりとかゆったりの意)

田んぼを囲んで10軒ほどの茅葺き屋根の家が
広場を中心に環状に建ち並んでおり、
まさに日本の田舎の原風景といった趣です。
当YHから車で1時間弱。

古志高原スキー場(長岡市・山古志/竹沢地区) -koshikogen skipark-

古志高原スキー場

古志高原スキー場

リフトは1基と少ないですが
初級者~中・上級者コースを完備。
スノーボードも全面滑走OKです!

棚田・養鯉池が見渡せる、
頂上からの眺めはサイコーですよ♪
特にのんびり滑りたい方、初心者の方、
子供連れの方におすすめです。
高校生以下のレンタルスキー無料!
(大人でもなんと激安1,000円!!)

当YHからは車で約10分。送迎は応相談

中山隧道(長岡市・山古志/小松倉地区) -Nakayama Tunnel-

中山隧道

昔はここを車が走っていた?!

昭和初期、雪深い山奥の集落から町への
行き来が安全にできるようにと、
村人自身の手で機械を使わずに掘られたトンネル。
長さ877mは手堀としては日本最長、幅2m足らず。
普通車通行不可でありながら、
平成10年に新しいトンネルができるまでは、
国道291号線として使われていたという、
一部酷道マニアには有名だった隧道。
現在は先人の労苦を偲ぶ文化遺産として
保存されています。是非灯りを持参して下さい。
昔の雰囲気を残すためか、かなーり、暗いです。
当YHからは車で20分ほど。

国営越後丘陵公園(長岡市) -Echigo Hillside Park-

越後丘陵公園のコスモス

越後丘陵公園のコスモス

豊かな自然に囲まれた広大な
丘陵地帯を活かして作られた国営公園。
四季を通じて色鮮やかな木々や花々にあふれ、
多様な遊びやレクリエーションを楽しめる。
《入園料大人 400円/小人(15歳未満) 80円》

冬季期間中は入園料・駐車料金が無料!
スノーシューやクロカンスキー等の
無料貸し出しもあり。(チュービング等は有料)
土・日・祝日はロープリフトも稼働中。

ご予約お待ちしています! TEL 0258-59-2951

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

Upcoming Events

6月
2
全日 三条凧合戦(さんじょういかがっせ... @ 三条防災ステーション(三条競馬場跡地)
三条凧合戦(さんじょういかがっせ... @ 三条防災ステーション(三条競馬場跡地)
6月 2 – 6月 3 全日
六角凧で凧糸を斬り合う勇壮な凧合戦! 「三条凧合戦(いかがっせん)」は、江戸時代の 武士と町民の子供達の争いが発祥といわれる凧合戦。 町内同士の対抗戦というかたちをとりながら発展し、 今でも約20もの凧組が優勝を争っています。 三条市は六角巻凧の発祥の地であり、 海外にも「SANJO ROKKAKU」の名で知られています。 《毎年6月の第1土曜・日曜の2日間開催》 ●開催場所● 於 三条防災ステーション(三条競馬場跡地)(9:00~16:00) …JR北三条駅から徒歩20分/当YHから車で約1時間 ●”三条凧合戦” 参考リンク● 三条市ホームページ > 三条凧合戦(いかがっせん) にいがた観光ナビ > 三条凧合戦(いかがっせん)
全日 見附今町・長岡中之島大凧合戦 @ 中之島大橋下流 刈谷田川堤防上
見附今町・長岡中之島大凧合戦 @ 中之島大橋下流 刈谷田川堤防上
6月 2 – 6月 4 全日
江戸時代から350年続く、伝統の凧合戦。 色鮮やかに描かれた畳8畳分の大凧を 一方が壊れて落ちるまで引っ張り合う。 信州の旅人が凧揚げをしたことに端を発し、 刈谷田川改修の堤防を踏み固める一策として 行われた凧揚げが大凧合戦の起源なのだとか。 《6月第1土曜~月曜の3日間開催》 ●開催場所● 於 刈谷田川堤防(中之島大橋~猫興野橋) …当YHから車で約50分 ●”見附今町・長岡中之島大凧合戦” 参考リンク● 長岡市 > 見附今町・長岡中之島大凧合戦 にいがた観光ナビ > 見附今町・長岡中之島大凧合戦
6月
3
全日 とちお自慢市 @ 道の駅「R290とちお」
とちお自慢市 @ 道の駅「R290とちお」
6月 3 全日
畳一枚を超える『巨大油揚げ』製作実演に大興奮! 栃尾といえば、新潟B級グルメ「ジャンボ油揚げ」! 畳一枚を超える大きさの巨大油揚げ制作&試食や、 陶芸・竹細工・てまり製作などの体験コーナーなど。 栃尾のゆるキャラ「あぶらげんしん」くんもやってくる! ●開催場所● 於 長岡市栃尾 道の駅R290とちお (10:00~15:00) (JR長岡駅よりバス57分+徒歩40分/YHから車で約1時間) ●”とちお自慢市” 参考リンク● 栃尾観光協会 > ◆観光物産フェア・とちお自慢市 長岡市トップ > 観光 > イベント・祭り > とちお自慢市 にいがた観光ナビ > 観光物産フェア とちお自慢市
全日 牛の角突き(おぢや) @ 小千谷闘牛場
牛の角突き(おぢや) @ 小千谷闘牛場
6月 3 全日
牛の角突き(おぢや) @ 小千谷闘牛場 | 小千谷市 | 新潟県 | 日本
本能に刻まれた牛たちの熱き戦いと、勢子の妙技と勇姿に刮目! 小千谷闘牛開催日は、アジアの100仏「木喰観音」も公開します! 闘牛場前駐車場にある「みまもり岩」も是非ご覧になって下さいね! 小千谷駅からのシャトルバスあり。片道500円(11:35発) 正午12:00 より取り組み開始 雨天決行 一般席(屋根なし)1,000円/特別席(屋根付き)2,000円 ※中学生以下無料 【牛の角突きとは…】 本州では唯一の伝統行事。体重約1tもの巨体がぶつかり合い、 迫力満点です! 国の重要無形民俗文化財にも指定。 勝敗を決めず引き分けを原則としているのが大きな特徴。 興奮した闘牛を止める「勢子」と呼ばれる人たちの勇壮な活躍も 楽しみのひとつです。 ◎”おぢや・牛の角突き” 参考リンク◎ 小千谷闘牛会 小千谷闘牛北斗会HP 小千谷市観光サイト > 牛の角突き にいがた観光ナビ > 牛の角突き
6月
7
全日 白根大凧合戦 @ 中ノ口川両岸(白根橋・凧見橋付近)
白根大凧合戦 @ 中ノ口川両岸(白根橋・凧見橋付近)
6月 7 – 6月 11 全日
凧の大きさは24畳分! 世界最大スケールの大凧合戦! 江戸時代から伝わる凧合戦。東軍と西軍に分かれ、 相手の綱が切れるまで凧を引き合う勇壮な凧合戦です。 大凧ひとつの大きさは畳24畳分で、重さは約50キロ! 《毎年6月第1木曜~月曜までの5日間開催》 ●開催場所● 於 中ノ口川両岸(新潟市南区 [旧・白根市]) …当YHから車で約1時間半 ●”白根大凧合戦” 参考リンク● 新潟市 > 南区ホームページ > 白根大凧合戦 にいがた観光ナビ > 白根大凧合戦
PAGETOP
Copyright © 小千谷ふるさとの丘YH All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.
Translate »