雪国の冬はスノーマジックファンタジー!!

雪国だから! 新潟の雪まつり!

2~3月に行われる雪まつりのイベント特集です。
ほっこり雪灯りに、冬の澄んだ空にあがる花火!
一部ガイドツアーもやっていますので是非、おいでください。
(★マークがついているイベントです)

※各イベント枠内を押すとイベント詳細が出てきます。

2月
11
雪中花水祝 @ 八幡宮境内
2月 11日 終日

江戸時代に書かれた「北越雪譜」にも紹介されている冬の奇祭。
明治7年に公序良俗に反する旧習(!)として廃止されたあと、
昭和63年に約115年ぶりに復活、現在に引き継がれています。

毎年2月11日に八幡宮境内で行われるこのお祭りでは、
猿田彦、天鈿女命、山伏、神官、巫女、婿、裃を着た雑色が、
まめ、餅、升酒などを見物人に配りながら町内をねり歩き、
前年に結婚した新婿に、極寒のなかで神水を頭からかけ、
子宝、子供の成長、夫婦和合を祈る「水祝の儀」が見どころです。

その他、うまいもの市、ハト枝市、百八灯なども行われます。

●例年のタイムテーブル●

11:00頃~ うまいもの市、ハト枝市開店
17:30頃~ 水祝の儀
※天候の関係で時間は前後する場合があるそうです

●開催場所●

於 魚沼市堀之内地区 八幡宮境内…JR越後堀之内駅より徒歩5分

●”雪中花水祝” 参考リンク●

にいがた観光ナビ > 雪中花水祝

2月
19
★おぢや風船一揆 @ 小千谷市 西中会場/平沢会場
2月 19日 – 2月 20日 終日

白い雪原上に浮かぶ色とりどりの熱気球!

熱気球大会「日本海カップ」にあわせて行われる雪祭り。
雪原の上に浮かぶカラフルな熱気球は本当に絵になります!
グローバルーンフェスティバルや縮雪さらし実演のほか、
熱気球の係留試乗、パラセーリングなども楽しめます。
特に冬の夜空に映えるグローバルーン&花火はお勧め!
熱気球がカラフルな巨大提灯となって雪原を染めます!

「グローバルーンフェスティバル」YHガイドツアーは未定です)

ikki02

(例年を参考にした大まかなタイムテーブル)

■西中会場
2022 日本海カップクロスカントリー選手権 (熱気球競技フライト)
▼離陸予定時刻 2月19日(土) 8:00、14:00 / 20日(日) 8:00

■平沢会場
●スノートレイン、うまいもの広場、小千谷縮雪さらし、
紙熱気球「ぼこ」上げ、熱気球試乗体験などなど イベント盛り沢山!!
2月19日 9:30~18:00
2月20日 9:30~15:00

●グローバルーンフェスティバル
2月19日 17:30~

ikki03

★グローバルーンフェスティバル・YHガイドツアー(未定)

参加希望者のYH集合・出発は16:30(時間厳守☆)
※この日は土・日ダイヤで16時台のバスがないので
公共交通機関利用の方はバスで現地先乗りするか、
16:45に小千谷駅での待ち合わせを行います(要問い合わせ)

夜の雪上イベントは大変寒いので防寒をしっかりと!!!
「鍋の集い」は現在出来ないので、夕食は現地で調達して下さい…

ikki05

♪ガイドツアー料金♪ お一人様 200円

※宿泊者のみ参加できます(9人限定・要予約)
※自力で現地へ行ける方を除く

●ガイドツアーのタイムテーブル●

16:30 YH出発♪
16:45 小千谷駅待ち合わせ
17:30 グローバルーンフェスティバル開始
18:30 イベント終了後 YHへ
19:30 夕食(鍋の集い)

ikki01

●”おぢや風船一揆” 参考リンク●

小千谷観光協会 > おぢや風船一揆
小千谷市観光サイト > おぢや風船一揆
にいがた観光ナビ > おぢや風船一揆

●photo album●

「グローバルーンフェスティバル」 小千谷YH FBアルバムです。

3月
12
★古志の火まつり・ファイナル @ 四季の里古志
3月 12日 終日

日本一のさいの神と百八燈による、光と炎の祭典。

日本一のさいのかみ

日本一のさいのかみ

なんと、今年が最後…なぜ! 残念です…
樹齢100年以上という杉の木を軸に作られたさいの神は
直径10m、高さ25mという巨大なもので、圧巻です。
雪上車試乗体験(無料)は他では体験できない面白さ!
(南極で使われている雪上車は実は長岡生まれ♪)
他、雪中闘牛、よさこいソーランなどのステージもあります。
山古志アルパカ牧場のアルパカもやって来るよ!

夜は日本一のさいの神の後ろから花火が打ち上がり、
夜空にスカイランタンが舞います。
数はそんなに多くはないですが、キレイですよ!!!

★「古志の火まつり」YHガイドツアーあります!

日本で唯一の雪中闘牛!

日本で唯一の雪中闘牛!

●イベントタイムテーブル●

11:00~ オープニングセレモニー
※アルパカ牧場、ちびっこ広場、特産品テント村オープン

13:00~ 雪中闘牛大会(3組程度の取組が予定されています)
14:00~ 雪上車体験試乗会
15:00~ ステージショー
18:30~ 日本一のさいの神点火式
「日本一のさいの神」点火後、花火&スカイランタン打ち上げ

●”古志の火まつり” 参考リンク●

山古志オフィシャルホームページ http://www.yamakoshi.org/
長岡市ホームページ > 古志の火まつり
にいがた観光ナビ > 古志の火まつり

雪上車体験試乗

雪上車体験試乗

★古志の火まつり・ユースホステルガイドツアー(未定)

(※宿泊者のみ参加できます(8人限定))

参加希望者のYH集合・出発は16:30(時間厳守)
日本一のさいのかみ点火式 見学予定。
(ツアー参加費/200円)

himatsuri01

●ガイドツアーのタイムテーブル●

16:30 YH出発
17:00 現地着 各種イベント見学
18:30 日本一のさいの神点火式
19:00 現地出発
19:30 YH着

この日は20:00から鍋の集いです!
※鍋の集いは時節柄できないので現地調達をお願いします…

●photo album●

古志の火まつり 小千谷ふるさとの丘YH facebookアルバム

2月
11
雪中花水祝 @ 八幡宮境内
2月 11日 終日

江戸時代に書かれた「北越雪譜」にも紹介されている冬の奇祭。
明治7年に公序良俗に反する旧習(!)として廃止されたあと、
昭和63年に約115年ぶりに復活、現在に引き継がれています。

毎年2月11日に八幡宮境内で行われるこのお祭りでは、
猿田彦、天鈿女命、山伏、神官、巫女、婿、裃を着た雑色が、
まめ、餅、升酒などを見物人に配りながら町内をねり歩き、
前年に結婚した新婿に、極寒のなかで神水を頭からかけ、
子宝、子供の成長、夫婦和合を祈る「水祝の儀」が見どころです。

その他、うまいもの市、ハト枝市、百八灯なども行われます。

●例年のタイムテーブル●

11:00頃~ うまいもの市、ハト枝市開店
17:30頃~ 水祝の儀
※天候の関係で時間は前後する場合があるそうです

●開催場所●

於 魚沼市堀之内地区 八幡宮境内…JR越後堀之内駅より徒歩5分

●”雪中花水祝” 参考リンク●

にいがた観光ナビ > 雪中花水祝

2月
11
雪中花水祝 @ 八幡宮境内
2月 11日 終日

江戸時代に書かれた「北越雪譜」にも紹介されている冬の奇祭。
明治7年に公序良俗に反する旧習(!)として廃止されたあと、
昭和63年に約115年ぶりに復活、現在に引き継がれています。

毎年2月11日に八幡宮境内で行われるこのお祭りでは、
猿田彦、天鈿女命、山伏、神官、巫女、婿、裃を着た雑色が、
まめ、餅、升酒などを見物人に配りながら町内をねり歩き、
前年に結婚した新婿に、極寒のなかで神水を頭からかけ、
子宝、子供の成長、夫婦和合を祈る「水祝の儀」が見どころです。

その他、うまいもの市、ハト枝市、百八灯なども行われます。

●例年のタイムテーブル●

11:00頃~ うまいもの市、ハト枝市開店
17:30頃~ 水祝の儀
※天候の関係で時間は前後する場合があるそうです

●開催場所●

於 魚沼市堀之内地区 八幡宮境内…JR越後堀之内駅より徒歩5分

●”雪中花水祝” 参考リンク●

にいがた観光ナビ > 雪中花水祝

2月
11
雪中花水祝 @ 八幡宮境内
2月 11日 終日

江戸時代に書かれた「北越雪譜」にも紹介されている冬の奇祭。
明治7年に公序良俗に反する旧習(!)として廃止されたあと、
昭和63年に約115年ぶりに復活、現在に引き継がれています。

毎年2月11日に八幡宮境内で行われるこのお祭りでは、
猿田彦、天鈿女命、山伏、神官、巫女、婿、裃を着た雑色が、
まめ、餅、升酒などを見物人に配りながら町内をねり歩き、
前年に結婚した新婿に、極寒のなかで神水を頭からかけ、
子宝、子供の成長、夫婦和合を祈る「水祝の儀」が見どころです。

その他、うまいもの市、ハト枝市、百八灯なども行われます。

●例年のタイムテーブル●

11:00頃~ うまいもの市、ハト枝市開店
17:30頃~ 水祝の儀
※天候の関係で時間は前後する場合があるそうです

●開催場所●

於 魚沼市堀之内地区 八幡宮境内…JR越後堀之内駅より徒歩5分

●”雪中花水祝” 参考リンク●

にいがた観光ナビ > 雪中花水祝

2月
11
雪中花水祝 @ 八幡宮境内
2月 11日 終日

江戸時代に書かれた「北越雪譜」にも紹介されている冬の奇祭。
明治7年に公序良俗に反する旧習(!)として廃止されたあと、
昭和63年に約115年ぶりに復活、現在に引き継がれています。

毎年2月11日に八幡宮境内で行われるこのお祭りでは、
猿田彦、天鈿女命、山伏、神官、巫女、婿、裃を着た雑色が、
まめ、餅、升酒などを見物人に配りながら町内をねり歩き、
前年に結婚した新婿に、極寒のなかで神水を頭からかけ、
子宝、子供の成長、夫婦和合を祈る「水祝の儀」が見どころです。

その他、うまいもの市、ハト枝市、百八灯なども行われます。

●例年のタイムテーブル●

11:00頃~ うまいもの市、ハト枝市開店
17:30頃~ 水祝の儀
※天候の関係で時間は前後する場合があるそうです

●開催場所●

於 魚沼市堀之内地区 八幡宮境内…JR越後堀之内駅より徒歩5分

●”雪中花水祝” 参考リンク●

にいがた観光ナビ > 雪中花水祝